一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
省エネお役立ち情報

省エネお役立ち情報

電気の見える化で目標以上の省エネを達成!

 株式会社中予精工さまは、国内外の大手セットメーカーさまや部品メーカーさまおよび多業種に渡るメーカーさまに超精密モ-ルド金型・超精密プレス金型を9割以上の高い内製率にて製作し、供給されている金型メーカーです。
 また、各種超精密部品、FA部品、ゲージ、冶工具、等の製作や各種工業分野でニーズの高い特殊合金材料(チタン、セラミック、タングステン、モリブデン、高硬度材、焼入れ材)の精密加工でも高い技術を誇っておられます。
 今回、ホワンくんは昨年2月にデマン監視サービスを導入し、成果を上げられた株式会社中予精工さまを訪問し、代表取締役社長の酒井富男さまにお話を伺いました。

金型製作生産工程

デマンド監視サービス導入のきっかけは?
 きっかけは保安協会の担当者からもらったデマンド監視サービス導入に関する提案書でした。
 当社では資源の最大有効利用による循環型生産を徹底して、環境問題に取り組んでいることもあり、提案書を見ながら、保安協会さんの話を聞いているうち、これなら当社でも無理をせず、省エネができると思いました。
 他社のデマンド監視サービスを含めて検討した結果、導入費用も抑えられ、効果も十分期待できる保安協会さんにお願いすることにしました。
デマンド監視サービス導入後の感想は?
 今までは、電力使用状況をリアルタイムで知るすべが無かったので、実際どの辺に無駄が生じているのか把握できていませんでした。
 過去に482kWを記録したことがあり、放っておくと天井知らずでデマンドが更新する恐れがありました。
 デマンド監視サービスを導入したことにより、電気の使用状況を目視で確認できるようになり、一時的な負荷使用によるデマンド更新を抑えることができました。
 また、デマンド警報が出たり、使用状態が分かるレベル表示などで、省エネに対する社員の意識向上にも繋がり、自ら考えて動いてくれるようになりました。

工場の照明器具

具体的なデマンド対策は?
 デマンドの警報が鳴ると第一段階で事務所と工場の空調機の設定温度を調整します。それでも抑えられない場合は第二段階として空調機を停止させています。
 また、工場内の使用していない(待機中の)機械を停止させたりもしています。
 夏場は警報が頻発して忙しいこともありますが、慣れればあまり苦になりません。
省エネに関する今後の計画は?
 デマンド監視サービス導入により28年度は31kWの契約電力の削減に成功しました。
 今後は工場・事務所の照明器具が20年~25年経過して老朽化してきましたので、消費電力を40%以上抑えられるLEDタイプの器具に更新したいと考えております。しかし照明器具の灯数が多いので段階的に更新するようになると思います。
 国の補助金制度の利用も視野にいれて現在検討中です。
取材を終えて
握手 今回は、高品質の製品を提供しながらも、環境問題に真摯に取り組まれている中予精工さまへの当協会保安業務担当者によるデマンド監視サービス導入の提案が実を結び、省エネを達成することができました。これはなにより担当者とお客さまとの日頃からの信頼関係が生み出した結果だなあと強く感じたホワンくんでした。

平成28年度 最大デマンド402kW

←デマンド監視サービス導入事例紹介メニュー

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)