一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
電気事故例・体験談

電気事故例・体験談など

電気事故未然防止例 このようにして事故が防げました 173 照明を点灯すると“チリチリ”と音が!!

●設備の状況
 衣料販売店で、主に電気を使用されている設備は店舗照明と空調設備のお客さまです。

●発見時の状況
 月次点検に伺った時のことです。店長さんに挨拶をし、「電気設備で気になった点はありませんでしたか」と尋ねると、1階の外向けに陳列している商品用照明を点灯すると“チリチリ”と音がすることがあるとのことでした。その場所に案内してもらい確認すると、音はしておりませんでしたが、点灯していない照明が1灯有るのが確認できました。店長さんには、点検を行った後で電球を交換することを説明し、点検を始めました。

 高圧機器の外観点検を行い、絶縁監視装置の出力電圧を測定したところ100mVの電圧がありました。通常10mV前後であるため、どこか絶縁が低下している個所が有るのではと思い、各幹線の漏れ電流を測定したところ、1階電灯回路で10mA流れておりました。早速、1階電灯盤に行きましたが、分岐回路が40回路もあり、また、漏れ電流の測定が難しく『探すのに手間取るなぁー』と思いつつ不良個所の調査に取りかかりました。調査中、ふと店長さんが言っていた“チリチリ”という音と現在点灯していない照明器具に問題があるのではと思い、先に照明器具の点検を実施したところ、照明器具の接続部にて漏れ電流が10mA流れていました。照明器具を回路から外し1階電灯回路幹線で同様の測定をすると1mAに減少しており、外した照明器具の不良が原因と確認できました。
  早速、店長さんに状況を説明し、その照明器具を交換していただくようお願いし、漏電を未然に防止することができました。

●今後の取り組み
 今回、店長さんが電気設備の変化に関心を持っていていただいたおかげで、短時間で対応することができました。もし、照明器具の絶縁がさらに低下すると絶縁監視装置の警報発報にとどまらず、1階電灯メインに設置している漏電遮断器が動作・停電してお客さまにご迷惑を掛ける恐れがあったかと思うと、ほっとしました。
  今後も電気設備の点検については、細心の注意を払い実施してまいりますが、より確実に行うためにはお客さまのご協力が不可欠です。どうかよろしくお願いいたします。

←電気事故未然防止例メニューへ

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)