一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
電気事故例・体験談

電気事故例・体験談など

電気事故未然防止例 このようにして事故が防げました 170 高圧開閉器から異音が!!

●設備の状況
 屋上に設置した引込み設備のことです。

●発見時の状況
 月次点検でお客さまを訪問した時のことです。挨拶をし、引き込み設備から点検をはじめました。すると高圧引き込み開閉器あたりから、微かにジ~ッ ジ~ という音が聞こえました。開閉器まわりを点検しましたが「ここだ!」という個所が発見できませんでした。
  そこで、お客さまに急きょ停電をお願いし、応援者と2人で原因を調べることにしました。調査の結果、開閉器2次側でリード線が碍子(がいし)部に食い込んでリークを起こしていたものと判明しました。(長年にわたってリード線に高圧ケーブルの重さが加わり、食い込んだものと思われる。)

●応急処置等
 お客さまに、このままでは停電事故、波及事故になる恐れがあることを説明し、早急に設備の取り替えをお願いしました。尚、当日に電気を送るためリード線と碍子部の間に絶縁被覆を入れ絶縁抵抗が良好なのを確認し、電気を送りました。
(停電した際の絶縁抵抗値は、10MΩで要注意であったが、応急処置後の絶縁抵抗値は、200MΩで良であった。)
  後日、高圧引き込み開閉器については取り替えていただきました。

●今後の取り組み
 今回は、月次点検時にリーク音が確認できたので発見することができました。もし、このまま放置していたら、高圧開閉器の絶縁不良により停電事故になっていたと予想されます。
  また、今回のお客さま設備には地絡継電器が未取り付けであったため、波及事故(四国電力の配電線を停電させる事故)に至ったとも予想されます。
  今後も、点検時にこのような異常を見落とすことなく発見し、事故の未然防止に努めたいと思います。また、地絡継電器の大切さをお客さまに理解していただき、取り付けを推進していきたいと思います。

←電気事故未然防止例メニューへ

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)