一般財団法人 四国電気保安協会 前に戻る  
 
電気と保安 新春
[ 2008 No.209 ]
2008新春No.209 表紙

遍路道(徳島)
  四国霊場第8番熊谷寺の近くにさしかかると、田園風景に堂々とそびえる仁王門が目に入ってきます。四国最大級の威容を誇り、徳島県の文化財にも指定されています。桜並木に囲まれ、花の季節には歩き遍路の姿も際立ちます。門をくぐり、坂道を登ると寺の境内。白壁の向こうに大きな多宝塔の屋根が見えます。迫力ある古刹の名建築を楽しめるスポットです。
周辺の見どころ (水車粉屋)
  「道の駅どなり」に隣接して、大きな水車があります。かつては地域に8軒あった水車粉屋(すいしゃごや)の様子を、平成9年に“あさんライブミュージアム”プロジェクトの一環として復元しました。5年ほど前まで稼働しており、昔の製粉作業が体験できる施設となっていました。現在は設備の老朽化で休止していますが、道の駅に申し込めば内部を見学できます。

表紙写真 古い仁王門をくぐって第8番熊谷寺に向かう道
左写真 水車粉屋

←BACKNUMBERのメニューへ
 
Copyright Shikoku Electrical Safety Inspection Association. All Rights Reserved.