一般財団法人 四国電気保安協会 前に戻る  
 
電気と保安 初冬
[ 2002 No.178 ]
2002初冬No.178 表紙

土佐和紙(高知)
  千年以上の歴史をもつ土佐和紙。仁淀川のきれいな水と流域にある豊富な和紙の原料が育んだ芸術品です。精巧でいて大胆、一枚一枚が静かな個性を放っています。さまざまな特徴のある和紙の中でも、土佐和紙には素肌の美しさがあります。実用性と美を兼ね備え、日本の紙文化の一翼を担っています。
  いの町紙の博物館では土佐和紙の歴史や製法、製品などを展示、販売しています。手漉き体験も好評です。自分のオリジナルを作ってみてはいかがですか。

問い合わせ いの町紙の博物館
TEL(088)893-0886
アクセス 高知自動車道伊野ICより車で10分
開館時間 9:00〜17:00
(月曜休館、祝祭日の場合は翌日)
入場料 大人円520円、
小人(小・中・高)100円
体験実習料 420円(色紙2枚または葉書8枚)
撮影協力 いの町紙の博物館

←BACKNUMBERのメニューへ
 
Copyright Shikoku Electrical Safety Inspection Association. All Rights Reserved.