一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
地域の皆さまへの
電気の安全広報

地域の皆さまへ電気の安全広報

だから電気はおもしろい Part.60 住まいが変わる、住まいで変わる

2月末に転居しました。引っ越し先は、築1年の新築同様のアパートです。
 前回このコーナーで、何日も引っ越し用の段ボールが部屋を占領しているという話を書きましたが、引っ越し後の荷物の片付けは、頑張って1日で終えました。
 そして、お世話になった段ボールとは、きれいさっぱりお別れをいたしました。
 新たな住まいは、インターネットで目星を付け、簡単に下見をしただけで、すぐに入居を決めた物件でした。
 荷物を入れてすぐ、ちょっとしたハプニングがありました。
 カーテンを吊ってみたら、なんと寸足らず!! 前に住んでいた部屋より15cm程度、窓が高かったのです。
 しかし、新しいカーテンを買いに行く時間はなく、そのまま2週間、情けない状態のカーテンで過ごしました。
 外からは、その情けない状態は見えることなく、別に問題はなかったのですが、やはり寸足らずのカーテンでは落ち着かない毎日でした。
 今は、ようやくカーテンを取りかえて、気持ちよく生活しています。

私にとって今回の引っ越しは、7年ぶりで7回目。
築1年の建物は、きれいな上に立地条件が良く、大満足しています。
幹線道路沿いに建ち、電停やスーパー、銀行が歩いて10分以内という便利な場所にあります。
 職場にも2km程度と、歩いて行ける距離です。
 病院も近くに、内科、歯科、眼科などがあります。
 そして、このアパートは、最新の設備が導入されていて、省エネ住宅のモデルのようなつくりになっています。
 使い勝手もよく、清掃しやすく、いたるところに新たな工夫がされているのは驚きです。
 コンセントも数多く、欲しいところに設置されています。かゆいところに手が届く感じですね。
 照明器具は全てLED。
 実は最初、LED照明とは知らずに使っていたのですが、備え付けの器具の説明書を見てみたらLEDと記載されていたので、それでようやく気付いたのです。まぶしくなく、色合いも形状も蛍光灯と区別がつきません。
 LEDだとこれまでと比べて、照明にかかる電気代は半分ぐらいになるでしょうか。電気使用量のお知らせを見るのが楽しみです。
 LEDランプの寿命は、約4万時間もあり、1日10時間、毎日点灯したとしてもランプ交換は10年以上先の話になります。
 ランプ交換の手間がかかりません。
 なお、LEDは、明るさが70%になったら寿命と言われ、白熱灯や蛍光灯のように消えてしまうのではありません。
 お客さまに「省エネのため、LED照明に取りかえましょう!」とおすすめしておきながら、相変わらず白熱灯と蛍光灯だった我が家。
 これからは自らの経験をもって、LED照明の良さを語ることができそうです。
 居間の照明は、リモコンで調光できるようにもなっています。
 点灯・消灯もリモコンです。これまでずっとプルスイッチで、ひもを引っ張って入り切りするのに慣れていた私には、まだ扱いにくいのですが…。
 玄関照明は、人感センサ付き。
 人感センサも、お客さまに設置をおすすめしてきましたが、まさか我が家で使用することになるとは思ってもみませんでした。
 人感センサがあれば、消し忘れが無くなるのはもちろんですが、荷物を両手に持っている時などは、玄関照明が自動で点灯・消灯するので便利です。

窓も省エネ仕様。窓ガラスが二重になっているのです。このようなガラスは、複層ガラスと呼ばれています。
2枚のガラスの間に空気の層があるため、断熱性能が高くなり、冷暖房にかかるコストを抑えることができます。
 そして、結露が少なくなるというメリットもあります。
 複層ガラスも、省エネのためにお客さまにおすすめしてきた設備ですが、これまで身近に無かった設備でした。

お風呂は、自動湯はり機能付き。ボタンを押せば、設定した温度のお湯が、設定した量になるまで自動で給湯します。
これがあれば、浴槽からお湯をあふれさせる失敗が無くなりますね。
 浴槽は、これまで私が住んできた家のなかでは一番広く、ゆったりできるサイズです。
 ひとりでお湯を貯めて入るには、お湯の量がもったいない気もしますけど。
 また、浴室には24時間換気の機能付きの浴室暖房や衣類乾燥もできる設備が導入されています。
 お天気が悪くても、お風呂場で衣類を乾かすことができます。
 雨が続くと乾かない衣類を見てストレスがたまりがちですが、これがあれば大丈夫!
 電気代もカタログ値で1時間あたり28円と案外安そう。
 ところで、汚れた空気を外に出し、きれいな空気を取り入れるための換気設備。
 高断熱・高気密の住宅は、快適で健康的な室内を保つために換気が重要と言われています。
 そのために24時間換気の機能があります。
 ただし、24時間365日、換気をする必要があるのか考えて、上手に使いたいものです。
 浴室のカビの発生を抑えるためには、入浴後、3時間以上の換気をしたほうが良いそうですが、入浴後、壁や床の水分をタオルなどで軽くふき取っておけば、早く乾燥しますね。
 なお、フィルター付きの換気扇は、フィルターが目詰まりすると増エネになってしまいます。
 月1回程度、定期的に清掃をしましょう。

新しい住まいになり、私の生活はちょっとだけ変わりました。
キッチンは対面式。何となく料理をしたい気分になります。
おかげで、冷蔵庫の中の食材が充実し、最近、健康的な食生活をしています。
 これまでは、原稿の締め切りが近づくと、適当な食事で済ませることも多かったのですが、今回はきちんと料理をして過ごしました。
 そして、ゆったり過ごしていたら、いつものように締め切りに間に合わない状態に陥っています(汗)。
生活が変わっても、性格は変わらないのがよくわかりました。

この原稿も60回目となりました。2カ月に1回の原稿で、途中1回お休みがあったので、10年と2カ月続いています。次回は装いも新たにリニューアルオープン! と密かに(?)たくらんでいます。
生姜農家を営んでいる息子が、ブログで日々の出来事を題材に最近、4コマ漫画を描いて毎日更新しています。すごく下手ですが、なかなか味がある絵です。
 私も負けじと次回は、このコーナーの2ページを使って4コマ漫画…はやめて、別の企画を考えたいと思っています。

←だから電気はおもしろいメニューへ

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)