一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
地域の皆さまへの
電気の安全広報

地域の皆さまへ電気の安全広報

だから電気はおもしろい

メンテナンスしましょう 本部 事業部 事業開発G
課長

細川 真由美

先日、仕事帰りに同僚たちと4人でお好み焼き屋さんに行ったときのことです。
 そのお好み焼き屋さんは、私たちの職場近くに最近、移転オープンしたお店なのですが、人気店らしく、昼どきには、12席ある席が一杯になり、立って食べる人もいるような状況です。
 店主は、私の母親よりは少し若い感じの愛想の良い女性で、一人で切り盛りしています。
 この店は、お客さんが自分で焼くのではなくて、店主が年季の入っていそうな厚い鉄板で焼いてくれるのですが、前の店からのお馴染みさんが多く、店主が忙しいときは、焼くこと以外はセルフサービスになっているようです。
 お水をコップに入れたり、食べて済んだらお皿を流しに持って行ったり、洗ったりすることが、普通に行われているのです。なかには、キャベツを切っているお客さんもいたりして驚かされます。
 私たちがお店に行ったときは、店主は買い物に出かけていて、「もうすぐ帰ってくると思います」と、先に来ていたお客さんがコップに水を入れて私たちのテーブルに運んでくれました。
 しばらくして店主が帰ってきたので、私たちは、お好み焼きと焼きそばとビールを注文したのですが、「焼き鳥も人気ですよ」と良い感じに店主が言うので、迷わず「じゃあ、それも」と頼みました。
 それからまた追加注文をして私たちは、お腹イッパイになるまで食べて飲んだのでした。
 で、お勘定はというと、一人あたり千円ちょっと。
 人気のヒミツは、味はもちろんのこと、店主の人柄とお勘定の安さにありそうです。
 良い店が近くにできて、うれしいなぁ~。
 お好み焼きやたこ焼きは、無性に食べたくなるときがありますよね。
 知人のA氏は時々、友だちを自宅に呼んで、たこ焼きパーティーをしています。
 たこ以外にも、えび、いか、こんにゃく、キムチ、チーズ、…などの具を入れて楽しんでいるようです。
 私もやってみたいのですが、それにはまず、たこ焼き用の鉄板を買う必要があります。
 でも、友人に相談したら、間違いなく反対されるでしょう。
 以前に何万円もする炊飯器を買おうとしたら、「ご飯を毎日炊かない人には、もったいない」と言われたし…。
 今度は、まさか「たこ焼きを毎日食べない人には、もったいない」とは言わないでしょうけど。
ところでこの日、最後に出てきたお好み焼きを食べていたら、口のなかでジャリジャリという音がしたのでした。
 おそらく卵の殻でも入っていたのだろうと思って、そのまま飲み込んだのですが、あとで、奥歯が欠けていることに気がつきました。
 ジャリジャリと噛み砕いたのは、卵の殻ではなかったのです。
 幸い、奥歯を治療してかぶせていた部分が薄く欠けただけだったので、数日後に行った歯医者さんでは、表面の角を丸く削っただけの治療で済みました。
 実は、この歯医者さんに、私は1年以上前から定期的に歯石をとるために通っているのですが、診療が済むと、その場で次回の予約を聞かれるのです。
 いつまでたっても縁が切れません。
 でも、おかげで定期的な歯のメンテナンスができています。
今年も数多くのお客さま施設を訪問し、省エネについての話をしてきましたが、「エアコンのフィルター清掃を定期的にしていますか」とお客さまにたずねると、答えは月1回、冷暖房のシーズン前とシーズン中の年4回、年2回、年1回など、バラバラ。
 タバコの煙で過酷な環境にあるパチンコ店さんは、「業者さんに委託して月2回清掃しています」というふうに、空調管理を徹底しているようです。
 エアコンの使用状況や空気の汚れ具合で、フィルター清掃の頻度は違ってくると思いますが、一般的におすすめしているのは月1~2回。
 一般的な家庭用の6畳用ルームエアコンなら、エアコンのフィルター清掃を月に1~2回実施することで、フィルターが目詰まりしている場合と比較して、1台あたり年間約700円の電気料金節約になるようです。
 フィルター清掃で、何%の消費電力削減ができるか調べてみたら、最大で25%という数字がありました。
 フィルター清掃は、少しの手間で大きな効果があります。
 フィルターの目詰まりは電気のムダだけでなく、異常音や水漏れ、臭いなどの原因にもなるので、定期的に清掃したいものです。
 ちょうど、この原稿を書いている最中に同僚B氏が電話をかけてきました。
 そこで、「エアコンのフィルター清掃、どれくらいの頻度でしている?」と聞いたら、「1シーズンで3~4回ぐらいかな。けっこう布団の綿ぼこりで汚れているし、一晩中エアコンをかけていることも多いから」という返事。B氏はもともと、マメな人なのです。
 また、別の同僚C氏に同じ質問をしたら、「最近、フィルター清掃なんてしたことがない」とのこと。
 「うそでしょう!?」と言ったら、「うちのエアコン、新しいタイプだから自動でフィルター清掃するよ」…恐れ入りました。
 それにしても最近の家電製品は、どんどん進化していますね。
 なお、略称で空調やエアコンとよばれる空気調和は、冷暖房と同じ意味で使うことも多いのですが、厳密にいえば同じではありません。
 空気調和の4要素には、温度、湿度、気流、清浄度があります。
 冷暖房だけでは、この4要素を満足することができません。
 厚生労働省のホームページには、次のように記載されていました。
 「建築物衛生法において、空気調和設備とは、『エア・フィルター、電気集じん等を用いて外から取り入れた空気等を浄化し、その温度、湿度及び流量を調節して供給(排出を含む。)ことができる機器及び附属設備の総体』をいいます。すなわち、浄化、温度、湿度、流量の調節の4つの機能を備えた設備のことです。」
最近、家の洗濯機の脱水ができなくなることが何度かありました。
 音もおかしいので、洗濯機の底にあるベルトのせいだとは思っていたのですが、重い洗濯機を横にして底を見るのは面倒だし、何度かに1度は脱水できるので、我慢して使っていたのです。
 ある日、フィルター清掃をマメにしている同僚B氏にこの洗濯機の話をしたところ、「そんなもの、すぐに直したらいいのに」と言われてしまいました。
 おかげでやっと修理する気になり、新しいベルトに取り替えただけで、快適な生活を送れるようになりました。
 調子の悪くなった機械は、いくら待っても良くはなりません。
 早めに修理しましょう。そして定期的にメンテナンスをしましょう。(自分に言い聞かせています。)

←だから電気はおもしろいメニューへ

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)