一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
省エネお役立ち情報

省エネお役立ち情報

デマンド監視サービス導入事例紹介8 22店舗でWebサービス導入!

 総合エンターテインメント企業として様々なサービスを提供されているノヴィル株式会社さま。
 コアビジネスとなるパチンコホール事業は、四国・関西・首都圏エリアにて「MILLION(ミリオン)」ブランドのもと32店舗を展開されています。
 今回、ホワンくんは、ノヴィル株式会社の設備関係の責任者として積極的に省エネに取り組まれている前田マネジャーさまにお話しを伺いました。
デマンド監視サービス導入のきっかけは?
 当社では、ミリオン32店舗のうち徳島20店舗と香川2店舗に、保安協会さんのデマンド監視サービスを導入しています。
 近年、パチンコ業界では業界をあげて環境問題に取り組んでいますが、当社でも目標値を設定して、電気使用量削減およびデマンド削減に積極的な取り組みをしています。
 それらの取り組みのためには、デマンド監視装置の活用が有効と考え、保安協会さんから提案のあったデマンド監視サービスを平成20年に導入することにしました。
 導入後、平成22年に改正省エネ法における特定事業者に指定されましたが、「中長期的にみて年平均1%以上のエネルギー消費原単位の低減」という目標達成のためにも、デマンド監視サービスが役立っています。
 平成24年からは、新たに開始されたWebサービスに切り替えしてデータを一元管理しています。Webサービスはパソコン上でいつでも、各店舗のデータを確認できるのがよいですね。
デマンド抑制の方法は?
 本格的に省エネへの取り組みをスタートするに当たって、まずは、デマンド監視装置で収集した30分ごとのデータにより、各店舗の現状を把握しました。そして、各店舗の比較を行い、それぞれ適切なデマンド目標値を設定しました。
次に、設備の運用方法を見直し、運用に関するルールづくりを行いました。営業形態や設備内容は、店舗ごとにちがいます。最初に全店に共通する基本的なルールを作成した後、各店舗のストアマネジャーが主体となって、細かいルールを決めていきました。
また、運用改善だけでなく、設備投資を伴う対策も積極的に実施しています。
具体的には、デマンド監視装置を利用した空調自動制御の導入、夏季ピーク時の空調室外機への散水システムの設置、ホール照明・看板灯などのLED化、駐車場照明の高効率ランプへの取り替えなどを実施しました。このなかで空調室外機への散水は、思いのほか効果がありましたね。
このような対策による効果の確認も、デマンド監視装置のデータで把握できるので便利です。
なお、目標デマンドに近づくと警報がでる警報表示器は、バックヤードとホール内のカウンター上部に設置し、常時監視できるようにしています。
サービス業は、お客さまの快適性を保つことが優先されますが、このような対策を実施することにより、使用量削減とデマンド値削減につなげることができました。

今後の省エネ対策は?
 設備の運用改善による削減は、やれることは全てやっているという感じで、そろそろ限界が近づいているように思います。
 今後は、空調設備の更新や、照明器具のLED化などを計画的に進めていきたいと思います。
 また現在、ノヴィルグループでは太陽光発電所の運営も手がけています。平成25年1月からは、阿南市のグループ会社の工場敷地で、出力2メガワットの太陽光発電所が稼働しています。設置した太陽光パネルは9,520枚で、一般家庭500世帯分の年間使用電力量に相当する電力が得られる規模になります。
 このような再生可能エネルギーによるクリーンな発電で、電力不足の解消にも貢献したいと考えています。

←デマンド監視サービス導入事例紹介メニュー

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)