一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
省エネお役立ち情報

省エネお役立ち情報

デマンド監視サービス導入事例紹介18 オール電化厨房のレストランでデマンド抑制!

 昼はこだわり「生パスタ」と焼き立てパンの食べ放題。夜は厳選牛の「しゃぶしゃぶ」と70種類を超える一品料理の食べ放題が楽しめる「もがみ西条店」さま。 カレーハウスCoCo壱番屋を愛媛・岡山県で展開する(株)タクミフードサービスさま(本社:松山市)が運営する店舗のひとつです。
 今回、ホワンくんは、オープン当初からデマンド監視サービスを導入し、大きな効果をあげられている「もがみ西条店」さまをお訪ねし、社長の曽我部さまにお話を伺いました。
デマンド監視サービスを導入したきっかけは?
 もがみ西条店は、平成26年7月にオープンしました。当社では初めてのオール電化厨房を導入した店舗になります。電化厨房は、厨房内が暑くならないし、汚れが少ないので掃除がラクです。また、調理温度の調整なども簡単にできます。
 ただ、「電気代はどれくらいになるのか?」ということが、オープン前から心配でした。店内の空間が広いため、エアコンの使用によっても電気代が増えてしまうので、何らかの対策をとる必要がありました。
 そこで、以前からお世話になっている四国電気保安協会さんに相談したのが、デマンド監視サービス導入のきっかけです。
 「デマンド監視サービスは、電気の使いすぎを警報で知らせてくれて、電気代を抑えることができる。そして、電気の「見える化」ができるので電気の使用状況がわかり、省エネのための第一歩になる」ということを聞き、導入を決めました。
空調設備の自動制御を導入したきっかけは?
 デマンド警報が鳴った時の機器の停止等の対策は、店の従業員が行うことになります。接客中や調理中だと手が離せない場合があり、対策が間に合わないことも考えられます。確実にデマンド値を下げるためには空調設備の自動制御をしたほうがよいと、これも保安協会さんの提案から導入することにしました。
そのほかに実施しているデマンド対策は?
警報表示器、取締役副支配人 坂山さま 厨房機器のパン焼き窯とオーブンは、消費電力が大きいため、同時に使用しないようにしています。
 警報の音はあまり大きくできないので従業員が気付かないことも考えられます。そのため、調理中でもよくわかる場所にパトライトを設置してもらいました。
 空調設備の自動制御もしていますので、これまでデマンド警報が出たことはありませんが、警報が出た場合には、使用中の厨房機器のなかで差支えない機器を止めるようにしています。
導入後の感想は?
 警報表示器でデマンド値がリアルタイムにわかるため、従業員が省エネしようという気になるようです。  オープン当初に想定していたデマンド値は170kWでしたが、大幅に下回り、これまでの最大デマンドは136 kWでした。この34kWの差は、電気料金の基本料金で年間52万円を超える金額になりますので、予想以上に効果が大きかったですね。
 今では、愛媛県内の設置可能な店舗すべて、岡山県内の2店舗にデマンド監視サービスを導入しています。
 空調設備の自動制御についても、今後さらに他の店舗にひろげていきたいと思っています。
省エネに対する今後の計画は?
 照明設備は、LEDへの取り換えを検討しています。
 電気代を抑制するコツがわかったので、電化厨房機器も他の店舗に積極的に導入していきたいですね。

←デマンド監視サービス導入事例紹介メニュー

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)