一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
電気事故例・体験談

電気事故例・体験談など

絶縁監視装置動作対応時に接地線の断線を発見

設備等の状況
 老人ホームのお客さまで絶縁監視装置が動作し、事故対応のため出勤した時のことです。

発見時の状況
 ある休日、自宅で待機当番をしていると、支部当直者より、絶縁監視センターに当該お客さまの絶縁監視装置から「検出器異常発生」警報が上がってきているとの連絡を受けて、直ちに現場へ緊急出動しました。
 現場到着後、お客さまに事情を説明し、早速キュービクルへ向かいました。すると、絶縁監視装置に「検出器異常発生」表示が出ていたため、絶縁監視装置本体を点検しました。続いてトランスのB種接地線で漏れ電流測定を実施しましたが、漏電等の異常はみられません。(何が原因だろう)と考えていると、以前に、先輩が同様の警報で事故対応した時に、「B種接地線が断線していた」と話していたのを思い出しました。そこで、B種接地抵抗の測定を実施すると、前回の定期点検の測定値よりかなり大きな値となっていました。

原因および処置
 お客さまに状況を説明し、「何か変わったことは、ありませんか」とたずねたところ、「業者が駐車場で工事を行っている」とのことでした。
 もしかしたらと思い、駐車場に向かい工事状況を確認してみると、マンホールと一緒に接地線が撤去されていました。これは大変だと、業者さんに事情を伺ったところ「使用していない線だと思い込み、撤去してしまった」とのことでした。
 警報の原因は特定できましたが、原状への復旧は困難な状況でした。当面の応急措置として、構内柱に設置している高圧区分開閉器の接地線に仮接続(仮復旧)しました。お客さまにはこの状況を説明し、至急、電気工事業者に接地線改修を依頼するようお願いしました。そして数日後、接地線改修工事が完了していることを確認しました。

今後の取り組み
 B種接地線は保安上重要な設備で、感電や火災、電気使用設備の故障を防止する等の役割を担っています。
 今回、絶縁監視装置が動作したことで、漏電ではなく接地線の断線を発見することができ、電気事故を未然に防止しました。これも、いろんな経験を積んだ先輩の話を聞いていたおかげでした。
 今後も電気を安全に安心してお使いいただくために、迅速な事故対応と、組織として長年培ってきた技術力を活かして、電気事故の未然防止に努めてまいります。

←電気事故未然防止例メニューへ

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)