一般財団法人 四国電気保安協会 一般財団法人 四国電気保安協会 四国電気保安協会 プライバシーポリシー 四国電気保安協会 サイトマップ 四国電気保安協会 TOP 四国電気保安協会事業拠点のご案内 四国電気保安協会 お問い合わせ 四国電気保安協会リンク集
電気事故例・体験談

電気事故例・体験談など

電気事故未然防止例 このようにして事故が防げました 167 思わぬことから異常を発見!!

●設備の状況
 冷凍設備があるお客さまへ年次点検の応援に行った時のことです。

●発見時の状況
 いつものように担当者と一緒に連絡責任者に挨拶をして、TBMを実施後引き込み開閉器を開放して停電作業を行っていました。電気室内に設置された電力取引用変成器の後ろに取り付けられている高圧限流ヒューズを点検していた時、何か変な感じがしました。高圧配線がヒューズのホルダーに接続されているのですが、金属製の接続端子の真ん中から後ろにある壁にあたっている光った部分が見えるのです。接続端子は金属製の小さなものですが、普通は後ろにあるものの光が透けて見えるはずがありません。さらによく見てみると、接続端子の色が通常は銀色なのに赤茶色に変色しているのもわかり、端子部分にヒビが入り接触不良が起こって過熱してることが判明しました。光は、このひび割れた部分から見えていたのでした。

●応急処置等
 停電時間は限られていたので、すぐに事務所まで接続端子を取りに帰り、不良の接続端子部分をやり直し、お客さまと約束した時間内に電気を送ることができました。
  ヒビが入った原因は判明しませんでしたが、接続端子部分の配線を誰かが上下させたため、金属強度的には弱い接続端子部分にヒビが入ったものと推測されますが、いつ接触不良になったのか特定することはできませんでした。

 

●今後の取り組み
今回、幸運にも年次点検によって不良個所が発見できたのですが、このまま放置すれば接触不良から高圧配線の断線による単相運転が発生し、冷凍機の停止や故障が発生していたことが予想され、改めて点検の重要性を再認識させられた事例となりました。今後も、より入念な年次点検を行うことにより、月次点検で見つけることができなかった異常個所を特定し、さらなる電気事故の未然防止が図れるよう頑張っていきたいと思います。

←電気事故未然防止例メニューへ

一般財団法人 四国電気保安協会 〒760-0066 高松市福岡町3丁目31-15 TEL:087-821-5615(代)