一般財団法人 四国電気保安協会 前に戻る  
 
電気と保安 新緑
[ 2008 No.211 ]
2008新緑No.211 表紙

遍路道(香川)
  第73番札所出釈迦寺は、弘法大師の誓願に応えて釈迦如来が現れ寺号にもなったと伝えられる霊場。お遍路さんが行き交う参道の途中に修行大師像が立ち、脇には「子宝の三鈷の松」と親しまれる三本葉の松があります。振り返れば眼下に善通寺市の街並みが広がります。
周辺の見どころ(王墓山古墳)
  田園風景に包まれた王墓山古墳。周囲を巡る小道から大池が一望できます。善通寺市内には400以上の古墳があるといわれ、特に有岡地区を中心に分布する王墓山古墳、宮が尾古墳などでは、さまざまな装飾品や馬具、土器、壁画が出土しました。県下有数の貴重な遺跡群として昭和59年(1984)に国指定史跡となり、一部は古墳公園に整備され地域の人たちの憩いの場になっています。

表紙写真 出釈迦寺へ続くゆるやかな坂道。茶店ではお遍路さんが足を休めます。
左写真 有岡古墳群の一つ、王墓山古墳。

←BACKNUMBERのメニューへ
 
Copyright Shikoku Electrical Safety Inspection Association. All Rights Reserved.