一般財団法人 四国電気保安協会 前に戻る  
 
電気と保安 盛夏
[ 2002 No.176 ]
2002盛夏No.176 表紙

丸亀うちわ(香川)
  丸亀のうちわづくりは、江戸初期に武士の内職として始まりました。こんぴら参りの土産物に考案した(金)印入りの渋うちわで名声が全国にとどろき、今では年間約8,500万本、全国シェアの90%を誇る地場産業に成長しています。磨き抜かれた職人さんの技と素朴な風合いが評価され、平成9年5月、国の伝統的工芸品に指定されました。
  丸亀港の近くに全国でも珍しいうちわ専門の博物館「うちわの港ミュージアム」があります。ここでは、日本の代表的なうちわや職人さんの作業風景が見学できます。エアコンの普及などで昔と比べて需要は減っているとはいえ、手づくりうちわにはやはり捨てがたい魅力があります。

問い合わせ うちわの港ミュージアム
TEL(0877)24-7055
アクセス JR丸亀駅下車、徒歩15分
開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
(月曜、年末年始休館)
入館料 無料
撮影協力 高出雅之さん(73)
うちわづくり50年
平成8年香川県伝統工芸士に認定

←BACKNUMBERのメニューへ
 
Copyright Shikoku Electrical Safety Inspection Association. All Rights Reserved.